レビトラを使用した患者にまれに起こる皮膚湿疹

いくつになっても若い頃のスタミナを保ちたいと思うものですが、男性の場合は下半身がついていかずに、最近はパートナーとの関係もぎくしゃくするようになり、悩んでいる方もあるでしょうね。
70歳を過ぎている年齢であれば、まだあきらめもつくでしょうが、30代や40代でEDになってしまうと、これからの長い人生が暗いもののように感じてしまうでしょう。
それが原因で離婚ということになるのは辛いので、そんなときはお近くの泌尿器科へ行って、お医者さんに相談し、レビトラを処方してもらうことをおすすめします。
レビトラを使用した患者さんの多くは、若い頃と変わらないような性行為が出来るようになったと満足していますが、薬には副作用があるので、まれに皮膚湿疹を発症する方もあるようです。
レビトラを飲むと血の巡りが良くなるため、皮膚が腫れたり、かゆくなったり、頭痛やめまい、ほてりなどを感じる人がいるのは仕方ないですが、このような症状は薬の効き目が切れれば治まるので心配することはありません。
皮膚湿疹が起これば、市販のかゆみ止めクリームを塗ったり、頭痛がしたときは、頭痛薬を使って対処することも出来ます。
お医者さんに副作用のことを伝えれば、対策法を教えてくれますし、あまりにも症状が重い場合は、レビトラ以外の薬を出してくれることもあります。
薬は患者さんの体質により、合うものと合わないものとがあるので、バイアグラなどの別のED治療薬を使えば、これらの症状が起こらないこともあるので、まずはお医者さんに症状を伝えるようにしてください。
副作用の問題さえなければ、服用後1時間程度で効果があらわれ、通常の勃起が出来るようになるので、EDが原因でパートナーとの仲が悪くなっていた場合は、関係を修復することが出来るでしょう。